×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

HOME

12月31日

連れの家で紅白歌合戦を観ながら鍋をする。
カワハギ、白菜、えのき、豆腐、鶏もも(骨付)、こんにゃく、だったかな。
スーパードライをゴクッといきつつエビスをグビッと。そして松山の地酒(名前忘れた)。
良い歌を聴かせたのは前川清と森進一と天童よしみかな。歌が上手いっていうのはこういうことだ。
連れの家に中途半端に残ってたマッカランとコアントロも空にする。あけましておめでとうございます。
けっこう酔っ払った。新年も良いお酒が俺目指してぐんぐん近寄って来ればいいと思う。


12月30日

今年最後の仕事を終わらせる。今日はなんとなく仕事しながら、
今日行く店を検討してた。今年よく行った店、今この時点で好きな店。まず「ミディソワール」へ。
生ビールを飲み、ジンのロックを2杯。ボケーっとまったりと。
2軒目は「日月華」。3杯飲む気で行ったけど2杯しか飲めず。
思ったより酔いの進行が進んだためだ。ホワイトレディとギムレット。ウマい
最後に「ブルーバー」でジントニック、ギムレット、マティーニの黄金進行。
酒を美味く感じるうちはまだ花だな。今年世話になった店のいずれにも感謝の気持ち。


12月28日

有馬記念で勝利し、京都へ繰り出す。
先斗町の「味がさね」という、割烹と小料理屋を足して2で割って広めの店内にしたような店へ。
まず瓶ビールで祝杯、天の刻印だったかいう焼酎のロック、新潟の名前忘れた地酒を2杯、
とどめに菊水無冠帝。やや高い料金なりに美味い料理。牡蛎酢と鯖塩焼きが激ウマ。
2軒目は地元に戻り、調子に乗って「ピュア」という、かなり昔に何度か行ったラウンジへ。
巨乳のカズキとルーキーのマキと高校の後輩のアオイのご機嫌をうかがいながら、
竹鶴を水割り1杯、ロック3杯。90分で女におごった分等全て含めて二万円。
「安いな、おい。」「だって俺達は勝ち組だから」


12月26日

昨日とは別件で今日も梅田。1軒目は新梅田食堂街の「三起」という居酒屋。
あの並びの店にしてはやや割高な価格帯の印象。おでんとか鶏など
食いものはちょっとだけ頼んで、ビールと焼酎水割りの2杯。
2軒目は「ハーバーイン」。早い時間は比較的空いているようだ。
ジンリッキー、マティーニ、アードベグのロック。いい感じでほろ酔い。
地元に帰ってきて「ミディソワール」。焼酎のロックを飲み、ジンのロックを2杯、
あとは連れに付き合ってハーパーの水割りを3杯か4杯飲んだ。外に出るとまた雪が。
4軒目に「ブルーバー」。だいぶ酔い疲れたので、アプリコットクーラーとジンリッキーでお勘定。


12月25日

梅田にて。鶏料理が美味いという「まんとく」を攻めてみる。
実際、タタキとロースの塩焼きは美味かった。生中と焼酎(宮崎のやつ)水割り、 久保田の千寿を飲む。
適当に選んだ2軒目はクラシックバー…といっても普通のバーだったが。
ジンリッキーとギムレットとマティーニ、とどめにラフロイグのロックを飲んだ。


12月19日

「ミディソワール」に行って焼酎のロックを3杯飲む。
いいちこ・山猿・と、古澤酒造の名前忘れた(”出来たて”とか”作り立て”みたいな名前)を。
そして4杯目にジンのロックを飲んで、次の店へ。
「バッカス」に行ったら閉店してる模様。えらい早く閉めやがって。
というわけで「ブルーバー」へ.。ダイキリとホワイトレディを飲み、
今日が金曜で、カクテルがオール¥500だということをマスターに
あらためて聴かされる。そうだったのか。
で、マティーニを飲み、バーボンのグランリップとオールドグランダットをロックで飲む。
5杯も飲むような気分じゃなかったのになー。ついつい飲んでしまった。でも安かった。
窓の外は雪がちらついていた。今シーズン初雪だ。
とどめに「酔月」で、出羽桜と松の司を飲む。おでんを少しつまみながら。


12月18日

仕事終わりに「ドランクドラゴン」へ行く。この店が開いてるの久しぶりだ。
最初はビール(カールスバーグ)。2杯目に何飲むか迷い、
何か得意なカクテルはないかと訊いてみたところ、
「特になにがっていうか、全部自信無いです」とのこと。
しょうがないので、ウォッカのソーダ割りにライムを搾ってもらい飲む。
そしてジンのロックを2杯。タンカレーとボンベイサファイア。
2軒目。「日月華」で、ジンでおまかせでショートカクテルをオーダー。
出てきたものを飲み「ギムレットにディタを少し加えたような味ですね」と感想を述べる。
無言で不敵に微笑むマスター。さては見当はずれの発言をしてしまったようだ。
締めにマッカランの氷無水割りと、アードベグを飲む。だいぶ酔った。気持ちいい。


12月16日

仕事終わりに「ミディソワール」。
生ビールを飲んで、ジンのロックを2杯飲んでみる。
いい感じにウォーミングアップをこなして「ブルーバー」へ。
ギムレットを飲み、マッカランの氷無しの水割り、ラフロイグのロック、
そしてフォアローゼズのロックを飲む。
最後の一杯は、マスターに若干おごってもらったようなものだったりする。
ピッタリ財布をすっからかんにしてお勘定。


12月14日

トヨタカップを観ながら鍋をする。
白菜、大根、えのき、春菊、ねぎ、もやし、豆腐、糸コン、豚バラ、ロールキャベツ。
まずモルツをグビッと、エビスをゴクッと、そして高山の地酒である
純米大吟醸あさ開き―やや甘めの飲み口だが、米の旨みが濃厚で、
連日飲んでいなければもっとガブガブいけたんじゃないかと思う。
武田修宏のリポーターは2年連続2回目だということだ。
ピルロのパスにはしびれた。


12月13日

連れの家にて、昼間からスパークリングワインを空ける。
名前を覚えて無いが、何かの品評会で、ドンペリより高い評価を受けたという
\1980のやつだ。チーズによく合う味だった。美味いのか不味いのかはよく判らない。
ほろ酔いで夕闇を迎え、一路三宮へ。”ルミナリエ”ってやつが流行ってるらしくて、
なんだか駅と駅周辺は物々しい雰囲気。困った人達だな。
今までに数回行ったことがある「麦談(ばくだん)」というホルモン屋へ。
焼酎を3杯飲みながら、ホルモンの串を7〜8本。あいかわらず美味い。
初めて食った自家製の白菜漬けが胃に優しい。もう”酔う”というより”しんどい”
次に、こちらも何度か行ったことがあるバー「ディラン」。
あいかわらず男前のバーテンダーは約半年振りの俺らのことを覚えていた。
うろ覚えだが、スプリングバンクとタリスカーをロックで飲んだと思う。
連れの家に2泊目の宿をとる。


12月12日

今日は梅田。太融寺町の居酒屋「でん」という初めての店。
生中・地酒(春鹿超辛口)・地酒(白滴)・地酒(名前忘れた)。白滴がややウマ。
値段はつぼ八クラスの安さなのに、魚関係がかなり美味かった。あと自家製焼豚もグー。
2軒目は、俺的梅田のバーNo.1の「ハーバーイン」。ホワイトレディとギムレット、
そして久しぶりのラガヴーリンをロックで。かなり酔った。連れの家になだれ込み、
とどめの飲みをかます勢いだったが、あえなくダウン。


12月11日

雨の中まず「バツバー」へ行く。しかしなぜか閉まっていた。
「ミディソワール」と「ドランクドラゴン」を天秤にかけ、「ドランクドラゴン」へ。
閉まってた。幸先最悪。まだ0時なのに、おまえらやる気なさ過ぎ。「ミディソワール」へ
3〜4人のガキのグループが2組騒いでた。そのうちの一人が、店の女の子をくどき出す。
その模様を小耳に挟みながら、焼酎ロック、ジンリッキーもどき、ジンロック。
押すばかりじゃなくて、もう少し引くことも覚えたらいいのに。あと、
自分のことばっかじゃなくて、女にも話させた方がいいと思うぞ。まあいいや。2軒目へ。
「バッカス」でスプリングバンク、ボウモアをロックで。あいかわらずスプリングバンクは美味い。
3軒目に「日月華」。かなりドライなギムレット、(゚д゚)ウマー。ドライ上等。
とどめにマティーニを飲んでお勘定。


12月7日

適当にラーメン屋に入って、ラーメン食いながらビールを飲む。
そして、京都の「ル・クラブ」で、ジンリッキーとグレンなんとかの水割り、そして
ボウモアのロックとターキーのロックを飲む。
ふらふらになりながら帰ってきて、「ミディソワール」で、
焼酎とウォッカとジンのロックをごくごく飲んでみる。


12月6日

連れと「酔月」へ。
おでんとか焼き魚をじんわり味わいながら、生中を飲み、
なんとかっていう名前を忘れた地酒と山形の出羽桜と地酒をもう1杯。
出羽桜は相当うまかった。あとの酒はよく覚えてねェ。
ちなみに連れは松の司の大ファンで、3杯たてつづけに飲んでたな。
まあそれはいいとして、いい感じに酔ったあと、
「ブルーバー」に行って、マッカラン、ラフロイグ、ブラントンをロックで。


12月4日

1軒目は「ミディソワール」。
ジンのソ−ダ割りにライムを搾ったもの…ジンリッキーもどきを1杯目に飲む。
そしてジンのロックとフォアローゼズのロックを飲む。
2軒目に「バッカス」へ向かうが、カウンターがいっぱいで座れず。
結局「日月華」へ。スプリングバンクとブラントンとワイルドターキーをそれぞれロックで。
今日は軽めにこれで〆


12月2日

仕事終わりに、最近発見したバー「ドランクドラゴン」へ、偵察を兼ねて行ってみる。
店内のBGMはおしゃれ系だが、置いてる酒の種類や、カクテルの味がイマイチな
中途半端なバーという印象。まあ安かったから文句をいう筋合いはないか。
生ビールを飲んで、一刻なんとかっていう名前の芋焼酎のロック、
五升譚というじゃがいもの焼酎のロック。両方ともまあまあ美味い。
んで4杯目にギムレットを頼んでみた。そんなに美味くなかった。残念。
2件目は「日月華」。マスターと、年末に行われる格闘技番組の話をしながら
ギムレット、マッカランの水割り(氷無し)、アードベグのロック、を飲んでお勘定。

登場店紹介を更新


11月30日

まず「ミディソワール」。焼酎をロックで飲んで、ジンをロックで二杯飲む。
俺以外の全員(俺以外の客と店員)がかなり酔ってたな。まあ時間も時間だし。別にどうでもいいけど。
2軒目は「バッカス」。のんびりボケっとしながら、
「ジンにドランブイとレモンを絞ったもの」「ジンにアプリコットとホワイトキュラソー」という
2杯のおまかせカクテルを飲み、三杯目にホワイトレディを飲む。だいぶ酔ってきた。
とどめに「ブルーバー」。ギムレットとマティーニ。もう一杯飲みたかったけど、
かなり酔っ払い度が強くなってきたので、無理をせずにお勘定。


11月24日

いとこの結婚式で昼間から飲む。ビールとワインの玉石混合。
麦、白、赤、白、赤、赤、麦、赤、白、とフルコースの料理とともに。
式が終わってよい感じの時間になり、連れとともに夜の梅田へ。
三度目の正直とばかりに「とも吉」へ。ラス1で空いてた隅っこのテーブルを獲得。
サーモン・生ゲソ・鰤の刺身。ゲソがむちゃくちゃ美味かった。生ビールを飲んで、
とも吉の酒(店のオリジナル酒)・極(激辛吟醸酒)・みやこつる(純米大吟醸)を2合ずつ。
みやこつるが美味しかった。だいぶ酔って腹いっぱい。2軒目は「呉酔人」
梅錦・銀盤ともう一杯(名前忘れた)。どれもうまかった。お金が無くなってここでお開き。


11月23日

仕事終わりに、まず「ミディソワール」へ。
1杯目は生ビール。しかしここのビールはいつ飲んでも発泡酒みたいな味だな。
続けて焼酎とジンをロックでいってみる。……美味いカクテルが飲みたくなってきた。
というわけで「ブルーバー」へ。気分的に何を頼んだらいいのか自分でもよく判らないので
「ジンとアプリコットを使って適当に」とオーダーする。出てきたやつは
ジンとアプリコットに、グレープフルーツジュースとレモン搾り、そして香りづけにディタを加えたもの。
けっこう美味かった。
あと、ホワイトレディと、久しぶりにマンハッタンなんか飲んでみて、お勘定。
明日はまた大阪に行かなければ。


11月21日

仕事が終わって、久しぶりに「ヨッコ」に行く。まずいことにマスターはちょっと酔ってるっぽい。
ここのマスターは酔ってると、”同じ話何回も繰り返す””自分の話ばっかり” のダブルコンボなので
ボケェ―っと飲みたいこっちにしてみれば、いささか辟易な感じ。
マスター「どうやったらもっとお客さん来てもらえるかなー?」
もうちょっと静かに飲ましてくれよ。ビールとジンリッキーとギムレットを飲んで、さっさと次の店に。
2軒目は「バッカス」。ホワイトレディと、そしてブッシュミルズの21年。
普段からアイリッシュを飲まないので、もひとつピンとこないが、美味いことは美味い。
口にしたときは一瞬モワっと濃厚な香り(アイラ系とは異質な濃厚さ)、
しかしそれはけして嫌悪感的なアプローチではなく、その香りもすぐに消える。
味は飲みやすい丸い感じの、さすが21年も寝かせただけはあるなという印象。
1杯\2,000はそれは安くはないが、他の店ならそれの倍近い値段取ると思う。
最後は「ブルーバー」。まず水で口の中のウィスキーをすすいでから、マティーニ。
マスター「金曜はカクテルがオール\500になったんですよー」
どこの店も本当に大変なんだな。飲酒運転罰則の改正で本当に客は減っているんだな。
その後マッカランとターキーをロックで飲みながら、「ビルド」の経営が変わったこと、
今の「ビルド」がいかに糞な店かということを、さんざんぶちあげてお勘定。


11月19日

梅田で知人と。最初に向かったのは、以前待ちが3組居て入らなかった「とも吉」という居酒屋。
魚が美味いらしい。で、今回はリベンジとして向かったが、やはり1時間待ちとのこと。
というわけで、「闘鶏(しゃも)」という焼き鳥屋へ向かう。ちなみにここも以前行って、いっぱいで入れなかった。
鶏のロース、鶏ユッケ、串などをつまみながら、生中―地酒(呉春)―地酒(大山)―地酒(名前忘れた)と。
昨日の飲みが堪えたのか、あまり飲みに関してのボルテージが上がらない。いや、美味いことは美味かったが。
今日は1軒だけでお勘定。


11月18日

1軒目は「ミディソワール」焼酎の「古澤」と「きろく」をロックで飲む。んでジンをロックで1杯。
胃に神経を集中して、酔いが胃から身体へ広がっていく実感を捕えようとか考えながら飲んでみる。
一方、隣の席では、
店員「男ってみんなエロい」
客「なんだかんだ言って女もみんな上になって腰振ってるやんけ。女のほうがエロい」

という、どうしようもない会話が。―酔っ払いには、決め付ける人が多い―という考察をしてみる。
久しぶりに日本酒でも、と2軒目は「酔月」。八海山と〆張鶴と松の司。(゚д゚)ウマー
俺の後に入ってきた客が、「前の焼き鳥屋に覆面が駐まってる!」。店内騒然。俺も少しビビる。
結局店を出る頃には姿を消していた。カウンターに座ってたおっさんの話によると、
10日連続で交通死亡事故が発生すると、「死亡事故連発警報」みたいのが
県警より発令されて、取り締まりが強化されるらしい。ふーん。
で、最後に「ブルーバー」で、ギムレットと、ラフロイグをロックで飲みお勘定。


11月13日

京都で知人と。焼き鳥屋に入って生中・焼酎水割り(鍛高譚ともうひとつ)・焼酎ロック・呉春 を。
2軒目は、後から合流した連れが一度行ったことがあるという「風」という店。
瓶ビール(アサヒスーパードライ)と焼酎ロックと日本酒(名前覚えてねェ)を飲む。
鰹の造り(戻り鰹だとか)が美味かった。


11月12日

本来飲みに行く予定ではなかったが、酔っ払いとしての尊厳と威信を維持・確立すべく、
どうしても「ビルド」の謎を解きたくて出陣。
やはり、経営者が変わったようで、マスターの姿は無く、
無能な三流酒飲みが集まる、しょぼしょぼバーとなっていた。
1杯目を飲みながら「もうこの店に来ることは無いな」の思いを確固としたものにし、
自分の中で、餞別として、ギムレット・マティーニ・ワイルドターキーを飲み、店を出る。
1軒目の店での「酒飲みの場」に非常に不快感を覚えたので、
2軒目の「バッカス」で、レモンハート・スプリングバンク・ボウモア・ブラントン をロックでぐいぐい呷る。
お客さんが持ち込んだという”鰤”を刺身でごちそうになりながら。まあ、モルトに鰤は合わなかったが(笑)


11月11日

まず「ビルド」に向かうが、駐車場が一杯のため入れず。
1軒目は「ブルーバー」。ビールのカールスバーグを久しぶりに飲む。
タンカレーのロック、レモンハートのロック、そしてグレンリベットの水割り(氷無し)で時間を潰しビルドへ
しかし馴染みのマスターがおらず、しかも「1時半でオーダーストップです」とのこと。なんだこりゃ。
わけのわからないまま2軒目として久しぶりに「日月華」へ。
マスターは俺のこと覚えてくれてたみたいだ。 ギムレットとマティーニを飲む。
そしてとどめにもう一度「ブルーバー」へ。ギムレットとマティーニ。我ながらなんて飲み方だ。


11月9日

1軒目は「ミディソワール」。仕事終わりの喉の渇きを軽く潤してみる。
まず焼酎のロックを飲んで、それからジンのロック2杯。飲みながらトマトを食う。
2軒目は「バッカス」。カウンターに居た女が店員となにやら話し込んでいたので、
ホワイトレディと、スプリングバンクのロックの2杯を飲んで早々に退散することにする。
アイルランドに行ったお客さんに買って来てもらったという、ブッシュミルズの21年を薦められたが
上記の理由で早く出たかったので、「また今度」と言い残して退陣。
3軒目に「ブルーバー」。けっこう酔ってきたし、次の日の仕事のことも頭をかすめて
ギムレットとマティーニの2杯でお勘定。


11月7日

今日の戦場は梅田。
太融寺町の海鮮居酒屋(名前忘れた)で、刺身をつつきながら生中、鹿児島の焼酎、そして地酒を2杯。
2軒目は、地酒の品揃えを常時百種類誇るという、堂山の「呉酔人」(初めて)で、
九州の酒(名前失念)と、真澄を。サーモンのカルパッチョとともに。
連れの酔いが相当回ったようなので、ここでお勘定。


11月6日

夜勤が続いて飲みに行けなかったので、颯爽と出陣。1軒目は「バツバー」。
ジンリッキーと、ロイヤルハウスホルト・アードベグ・ワイルドターキーをそれぞれロックで。
いつもは4杯飲んでも¥2000〜3000くらいなのに、¥4700もとられた。ウィスキー系はそこそこ取るのか?
久しぶりの飲みでかなり酔いが回る。
2軒目は「バッカス」。カウンターに離れて女が2人座っていた。どうやら姉妹らしい。それぞれ別々に店員と話していた。
ホワイトレディとマティーニでお勘定。2杯で¥1200。相変わらず安い。


11月1日

知人と京都で。美味しい日本酒を数多く揃える「前豊」で、
吉乃川・菊水無冠帝・八海山・久保田・小鼓あたりを飲む。
詳しく覚えてないが、3人で一升くらい飲んだと思う。
それプラス、内緒で持ちこんだ四合瓶(高山のお酒)も空いた。
2軒目はBAR「NOILLY」―初めて行くお店。
既にベロベロだったので、ホワイトレディとギムレットの2杯でお勘定。



トップページへ

 pitacount